お知らせ

睡眠時無呼吸症候群の簡易検査システムのご提案
睡眠時無呼吸症候群(以下、SAS)はこれまで交通事故の原因や生活習慣病、心臓血管系のイベントとの関連が指摘されています。また、日本国民の実に2%がSASといわれており社会的にも患者自身にも影響を及ぼす可能性が高いことから早期の検査や必要に応じた治療が望まれています。今回提案させていただきたいのは、非常に小さな携帯用睡眠時無呼吸検査装置を用いて簡単にそして無理なく検査を行うことができるということです。検査についてのご相談、利用希望など有りましたらご連絡ください。
2016年03月03日

sick_narcolepsy